お正月のあれこれ

● 正月飾りのいわれ

門松は、歳神様が最初に降りてくる目印、
しめ縄は、周囲の汚れを清めた神聖な場所である事を意味します。
鏡餅は、歳神様にお供えする「三種の神器」を表し、
鏡=餅、だいだい=玉、干し柿=剣を意味します。
そのほかも、裏白=長寿と夫婦円満、昆布=喜ぶ、だいだい=代々栄える、
串柿=幸運を取り込む、ゆずり葉=家系が絶えずに続くなどとなり、縁起の良いものです。

● おせちに使う材料の意味

「れんこん」 ・・・ 先の見通しが良くなりますように
「土ごぼう」 ・・・ 土台がしっかりと長く栄えますように
「里芋」 ・・・ 子宝に恵まれますように
「金時人参」 ・・・ 日の出のごとく赤く、丸く円満にゆきますように
「昆布巻」 ・・・ よろこ(ん)ぶの意味から
「紅白なます」 ・・・ お祝いの水引をかたどっています
「長芋」 ・・・ 長く繁栄しますように
「ふき」 ・・・ まっすぐに、見通しよく生きられますように
「黒豆」 ・・・ まめまめしく働き、健康に暮らせますように
「山の芋」 ・・・ 丸く粘り強く生きられますように
「くわい」 ・・・ 芽が出ますように
「紅白蒲鉾」 ・・・ 赤は邪気を払い、白は清らかな心を
            形は正月の初日の出を意味します
「栗きんとん」 ・・・ 勝栗=色々な事柄に勝利できますように
            金団=今年も豊かな生活が送れますように
「田作り」
 ・・・ 片口いわしが田畑の肥料に使われたことから豊年豊作の意味
「伊達巻」
 ・・・ 昔の読み物(巻物)に似せて、
    学問向上や文化の発展への願いが込められています。
「棒だら」
 ・・・ 成長が早く、生命力が強い魚にちなみ、
    子どもの成長と健康を願って


***********************************************************************
〔宝珠型御霊供膳〕
宝珠型御霊供膳
 ↓ ↓ ↓
 ■ 宝珠型御霊供膳 ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
 ■ 法輪堂ドットコム ■

[PR]