カテゴリ:ことば (タ行)( 5 )

知 足  ― 足ることを知る ―
『仏遺教経』


 釈尊が臨終のに際して説きのこしたとされている『仏遺教経』には、
仏道修行者が守らなければならない八つの徳目がしるされています。
 これを「八大人覚(はちだいじんがく)」(大人とは修行者の意)といい、
知足もそのうちのひとつです。
 知足とは、常に己の分限を知って満足するということであり、
『仏遺教経』には「足ることを知る者は、貧困であっても、心が広くゆったりとして安らかであるが、
足ることを知らない者は富裕であっても、心が貧欲に満ちて常に不安定な状態にある。
知足の者と不知足の者とを比べ、実に知足の者は富楽安穏である」という意味の事が述べられています。


***********************************************************************
 〔焼香 精華堂 特品 沈香
焼香 精華堂 特品 沈香
 ↓ ↓ ↓
 ■ 焼香 精華堂 特品 沈香 ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
■ 法輪堂ドットコム ■

【実店舗のご案内】
【お問い合わせ】
[PR]
天堂未就 地獄先成  ― てんどうはいまだならず、じごくまずなる ―

天国が完成する前に地獄が出来上がる。
行く先は地獄しかないか。


***********************************************************************
 〔地蔵尊 丸台座 輪光背 仏像
地蔵尊 丸台座 輪光背 仏像
 ↓ ↓ ↓
 ■ 地蔵尊 丸台座 輪光背 仏像 ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
 ■ 法輪堂ドットコム ■

[PR]
顛言倒語  ― てんごんとうご ―

ああ言ったりこう言ったり。
言語を弄して、話の道筋が通じていないこと。
〔碧厳録 第三五則の本則の著語〕


***********************************************************************
〔京製 天人りん 〕
京製 天人りん
 ↓ ↓ ↓
 ■ 京製 天人りん  ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
 ■ 法輪堂ドットコム ■

[PR]
知過必改  ― とがをしってかならずあらたむ ―

自分の過失と気づいたら必ず改める。
〔碧厳録 第二則の本則の評唱〕


***********************************************************************
 〔薫寿堂 ジャパニーズ・ギフト バタフライ〕
薫寿堂 ジャパニーズ・ギフト バタフライ
 ↓ ↓ ↓
 ■ 薫寿堂 ジャパニーズ・ギフト バタフライ  ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
 ■ 法輪堂ドットコム ■

[PR]
鳥飛毛落  ― とりとんでけおつ ―

鳥が飛ぶと毛が落ちる。
行動を起こせば必ずその痕跡を残すことになる。
〔碧厳録 第二則の本則の著語ほか〕


***********************************************************************
 〔太子型柄香炉 蝶番付 打物製〕
太子型柄香炉 蝶番付 打物製
 ↓ ↓ ↓
 ■ 太子型柄香炉 蝶番付 打物製 ■   詳細はこちら
***********************************************************************
仏像・仏具・密教法具・線香・お香のネットショップ
 ■ 法輪堂ドットコム ■

[PR]