<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

京都府内の和装産業や伝統産業は
産業規模の縮小とともに道具職人の減少や高齢化が進む一方で、
道具の産地が全国にまたがっていたり、
外国産の動物の毛など道具の原材料が入手できなくなっているケースも出ており、
道具類の確保が困難になっているといいます。
全国の道具職人の情報データベース化や代替品開発に向けた支援に
府などが取り組みを検討されています。

日本の受け継がれ磨かれてきている技術が
大切に残る道が開かれます事を望まれます。


> [ 法輪堂ドットコム ]
[PR]
● 神戸ルミナリエ 2007

1995年1月 阪神・淡路大震災で犠牲になった方々の鎮魂の意と
復興への想いを込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して開催され、
今年で13回目となりました。

今年のテーマは「光の紀元」
■作者からのメッセージ
闇の恐怖を打ち消す光の誕生。
震災という闇と闘ってきた神戸の街と人々をやさしく照らした眩い光は、
新たな紀元の象徴。
その輝きは、過去への誘いとともに、人と人との出会いを育んでくれる。
驚きという無形の価値は、神戸と世界をつなぐ新たなメッセージとなる。

a0017512_1973049.jpg

光の回廊 アーチをくぐりながら美しさ・素晴らしさと同時に、
暗闇と火など様々な恐怖が今はこのキラキラした光となっている事を思い、
ぐっと込み上げてくるものがありました。
a0017512_1975384.jpg

光に囲まれた場所Spallieraを通り抜けると「希望の灯り」に急ぎました。

途中、「慰霊と復興のモニュメント」があり
初めて地下まで行かさせて貰いました。
地下の壁に並ぶお名前。
丁度この日に、行政側が震災を直接の死因と認めた震災死者に含まれていた12人と、
震災をきっかけに病死するなどした関連死の11人が新たに加わったそうです。
a0017512_198348.jpg

「希望の灯り」には
被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を
一つにした灯りが灯されています。
a0017512_199136.jpg

阪神・淡路大震災から復興する兵庫県を現したフェニックス(不死鳥)「はばタン」です。
のじぎく兵庫国体のマスコットキャラクタとして誕生して現在満2才。
来年もルミナリエの開催に向けて[ルミナリエ宝くじ]の為に活躍していました。
a0017512_1994782.jpg



> [ 法輪堂ドットコム ] TOPへ
[PR]
12月22日は、冬至です。
柚子湯に入り、冬至粥や南瓜を食べると風邪をひかないと言われています。
a0017512_1752326.jpg

河内長野市の盛松寺で、食べると万病に効くとされる柚子みそづくりが行われました。
唐に留学した弘法大師が帰国した際に付近を訪れ、疫病に苦しむ村人のため伝えたとされ、
寺建立の享保7年以来、信徒らの手で毎年続けられているそうです。
約2時間で700個が完成。
「終い大師」の21日午前9時から、参拝者らに配られるといいます。
その弘法大師由来の柚子みそを是非頂いてみたいです・・・。

数日前に食料品売り場に行くと、どこからともなくみずみずしい良い香りが。
ふと目をやると、大きな籠から籠いっぱいの柚子を売り場に山盛りに積み上げられているところでした。
柚子の香りが、籠1つ分だけでこれだけ良い香りが広がるとは嬉しい発見でした。


> [ 法輪堂ドットコム ] HPへ
[PR]
by sahomasa | 2007-12-21 17:49 | 日常
ガラス越しに可愛い視線を感じるのでお店の中を見てみると

a0017512_1747990.jpg

色々な表情をした雪だるまが並んでいました。
勿論、迷わずお店に入って買ってきました。
持って帰った時により皆が喜んでくれるのはどの表情の子だろう
と選ぶのに少し迷いました。
顔を描いてあるチョコレートが柔らかくてビニール袋にくっついて
少し崩れてしまいまって残念。

チキンの形をしたパンです。
a0017512_17473872.jpg

[PR]
by sahomasa | 2007-12-13 17:27 | 日常
● MIHOミュージアム

奈良国立博物館の「美麗 院政期の絵画」展で展示される予定という沙門地獄草紙が
MIHOミュージアムのものだという事で「もっと何かないか」と滋賀に出掛けました。
a0017512_13154771.jpg


古代人の祈りと題し、勾玉などで作られたネックレス。
メノウなどが、マカロニの様な筒状になっていたりしてネックレスになっています。
どのようにして磨き、加工し形を整えられたのでしょうか。
実物を目にするとその風景を思い浮かべて感心しながら見せて頂きました。
次に能の面や酒水器。
そして
a0017512_13161624.jpg

大変迫力のある地国天立像。
たくましいお姿で、彩色も素晴らしかっただろうと思われる色が
細かい模様のところどころ残っておりました。

桧扇はとても大きく感じました。
絵模様の色も緑色・朱色がとても華やなお使いになる生活を思い浮かべました。

高麗時代の青磁陽刻蒲柳水禽文浄水瓶は、青磁の色が美しく薄っすらと見える模様が
とても上品に思いました。

書状織田信長筆の文章はお人柄を感じさせる内容でした。
侘び茶 茶禅 桃山のものの展示もありました。
a0017512_13164224.jpg

南館ではエジプト・西アジア・ギリシャ・ローマ・南アジア・中国
・ペルシャ・中央アジアなどの古代美術が展示されています。

モザイクです。
a0017512_13173010.jpg

残念ながらまだ展示期間になっておらず実物をお目にかかる事は出来なかったのですが
焔摩天像(平安時代 絹本著色)は、胎蔵界外金剛部院中にみることができるお姿だそうです。
「美麗 院政期の絵画」展で展示されているのは京都醍醐寺の平安時代のものですが
同じようなお姿の閻魔天像でした。
こちらも同じくお目にかかれませんでしたが
地蔵菩薩立像(鎌倉時代 木造彩色)は、すす等の汚れでしょうか黒っぽくなったお姿が
何ともお地蔵様が生きていらっしゃ地蔵菩薩るお地蔵さまのお姿らしく思え、
しかし彩色だったらしいですが截金でしょうか?衣の細かい模様の金が菩薩様の毅然とした
品の良さを感じさせるものでした。
帰りに焔摩天像・地蔵菩薩立像・大黒図(尾形光琳筆)のポストカードを買って帰ってきました。


> [ 法輪堂ドットコム ] TOP
[PR]
パーティーのお料理が賑やかに売り場に並べられています。
今年はこんなものに目が留まりました。
a0017512_19152753.jpg

クリスマス柄・冬柄のマカロニ。
クリスマス柄には、サンタクロース・プレゼント・靴下。
冬柄には、雪の結晶・雪だるま。
茹でてサラダばかりではなく、具沢山スープやシチューに入れても
見た目が楽しくなるかもしれないと買ってみました。
[PR]
by sahomasa | 2007-12-11 19:14 | 日常
興福寺 国宝館です。
「ようやくあの本の写真の阿修羅像の本物を拝見出来る。」と国宝館に踏み入れたのですが、
思わず「あっ!」と喜びの声を上げてしまう位の連続でした。
a0017512_19191398.jpg

 まずは、聖徳太子二歳像は一見とても二歳らしいお身体で愛らしく見えるのですが、
まっすぐに前を向かれているお顔・視線の強さから厳しさが伝わってくるようでした。
 木造地蔵菩薩半跏像は、蓮の上にしっかりお座りになっていますが
下に降ろされた片足をまた小さな一つの蓮が支えている事から
地蔵菩薩様の安定感が伝わってくるように思えました。
 木造弥勒菩薩半跏像は、輝いておられるようです。
如来となる修行をされているお姿だそうですが、装飾が華やかなだけでなく
弥勒菩薩様から光が輝くような印象を受け、元気がもらえるようでした。
 行く先に目をやると、最近読んでいた本に掲載されているお仏像が目の前に。
須菩提像と富楼那像でした。
 そして木造天燈鬼・龍燈鬼立像です。目の表情が素晴らしいです。
 とても興味深く思ったのが、木造法相六相坐像で、
当然ですが動かれる筈はないのに今にも動き説法を聞かせて頂けるのではないかと思うぐらいに
きっとその方のお人柄や特徴をうまく表現されているのではないかと思いました。
ですので真正面から直ぐ横に行き、横から拝見しました。
 春日鹿曼荼羅図。奈良の鹿は、春日社の神鹿と尊重されていて
春日社と興福寺の神仏習の姿がうかがえるそうです。
a0017512_19184984.jpg

全く予習していなかったので、思いもよらず拝見出来たお仏像がたくさんあり
感激の連続でした。
帰りには阿修羅像の写真と聖徳太子二歳像の葉書との葉書をお土産にしました。


[関連記事]  
*興福寺秘仏特別公開にて
http://horindo.exblog.jp/d2007-11-14


> [ 法輪堂ドットコム ] TOP
[PR]
青蓮院門跡の夜の特別拝観ライトアップに出掛けました。
a0017512_1926079.jpg

門の前で開扉の時間まで並んで待ちました。
どこからか、かすかにお香の良い香りが。

「京都伝統産業青年会展」も開催されており、
各お部屋に作品が飾られていました。

早速お庭では照明による数分ごとに変わる演出。
通常の照明から暗くなり、ロウソクの火のみになり
徐々に色のづき始め
a0017512_19262471.jpg

木がライトアップされ
一気に遠くの壁が滝のように青に光った途端、
青の小さなたくさんの光が庭一面に。
a0017512_1927457.jpg

それと同時に、一斉に「わぁ!」という歓声があがりました。

この後、ご本尊の梵字も浮かび上がりますが
この場所からは横から見る事になりますので分かりにくいので後ほどのお楽しみになります。

ご本尊熾盛光如来は光のほとけさまと国宝青不動明王ということで
光との関係が大変深いということからこのような夜間拝観となっているようです。

再び拝観しながら進みますとお香の香り。
そう、門の前まで香りが来ていた元の場所を見つけました。
そこには松栄堂さんのお香が販売されていました。納得です。
そして出口。 … 終わり?
お庭に出られるので周る事にしました。
a0017512_19272167.jpg



a0017512_19283297.jpg

a0017512_19285985.jpg
暗い中、歩き進むとお堂が見えてきました。
ようやく青不動明王様にお会いする事が出来ました!
今お参りできるのは残念ながら複製だそうですが、
感動の一言、素晴らしい迫力ある不動明王さまでした。
ご挨拶をした後、後にさがった所でしばらくその場で拝見させて頂いていました。
元は奈良国立博物館におられるそうです。
そしてご本尊さまのおられる所へ。
こちらには不動明王像、毘沙門天像、愛染明王像などがあり、
ロウソクの灯りで照らされたお姿を拝見しました。

そしてこの場所からライトアップのお庭を眺めると
ご本尊熾盛光如来を表す種字(仏さまを表す梵字)「ボロン」が
真正面から見ることが出来ました。
a0017512_1930358.jpg

青不動明王さまを拝見させて頂いけた事と夜の拝観であった事に
感動いっぱいになりました。



> [ 法輪堂ドットコム ] HP
[PR]
日本警察犬協会での登録犬種は
エアデールテリア、ボクサー、コリー、ドーベルマン、
ラブラドールリトりーバー、ゴールデンリトりーバー、シェパードの七犬種だそうです。
それ以外の犬種は警察犬になれないのでしょうか?
というテレビ番組がありました。

5ヶ月のプードル男の子。
名前をシェパードと名づけられ、現在も訓練中です。
訓練よりお友達よりもお姉さんに付いていってしまう子ですが
どこまで出来るようになるのでしょうか。
当然お手入れが必要な犬種で、七犬種よりも体の頑丈さは心配に思いますが
どんな事まで出来るようになるのか大変気になります。
頑張れ、プードルのシェパード君!
[PR]
植髪堂です。
a0017512_19325143.jpg

親鸞上人が得度のときに剃り落とされた髪の毛を9歳の像に植えられたものが
真ん中の阿弥陀如来像の後にある厨子の中にまつられているそうです。
お部屋の3方向上部にはぐるりと
親鸞上人の一生涯を絵にしたものが飾られています。
彩色が新しいような綺麗さでしたがもう70年経っている絵だとの事でした。
蒔絵体験をお願いしようとしたところ、
あいにく薬が硬くなってしまっていて出来なかったのですが
お仏像・描かれている絵の説明などして頂けました。


> [ 法輪堂ドットコム ] HPへ
[PR]