捨てられる食品

フードバンクという言葉を知りました。
フードバンクは、賞味期限が迫っている、ラベルの貼り間違えや容器に傷があるものなど、
店頭に商品として出せないものを譲り受け、それを児童養護施設などに運び無償で提供しています。
食べ物としては美味しく栄養十分で安全なのに、
産業廃棄物として処理場で毎日大量のものが焼却されています。
パッケージ変更や、季節限定品などもたくさんあります。
廃棄処理するにも処理費用がかかるため、フードバンクを利用する企業にとっても
活用することになるようです。

フードバンクとは別なのでしょうか、コンビニでも
残ったお弁当を期限時間までに再調理してランチとして出している食堂、
残った食品を加工し直しブタの飼料とされているなど、
捨てられるはずだった食品を有効的に活用しようという活動もあるようです。

安全であれば、大事に活用出来るのは良いなと思いました。
[PR]